新卒 既卒

「この芸人さんインプラント入れたんだ~」歯科衛生士のいる家庭のあるあるネタ

2022.7.7

クオキャリアのブログを読んでいる皆さん、こんにちは。ライターの斎藤充博です。このサイトを見ている多くの人が歯科衛生士さん、もしくは学生さんだと思います。

僕の妻も歯科衛生士です。妻は一般の会社員を経験してから専門学校に入り、歯科衛生士になりました。そして妻が歯科衛生士になってからというもの、家の中では意外なことが次々と起こるようになったのです。

いま「意外なこと」と言いましたが、それは歯科衛生士ではない一般人である僕にとってのことです。歯科衛生士の皆さんにとっては「あるある」みたいな話なのかもしれません……。それでは紹介させてください。

歯科衛生士がいる家庭あるある 歯磨き編

歯科衛生士の仕事の一つ「歯科保健指導」。家に歯科衛生士がいると、当然のように歯磨きについて教えてもらえます。

いままで見たことのないような歯ブラシが大量に保管されている

家に歯科衛生士がいると、いままでまったく見たことのないような歯ブラシが常備されることになります。どうやら一般のドラッグストアでは買えない、歯科専売品のようです……。しかもある程度まとまった量でしか買えないのか、常備されている数は膨大です。

ちょっとビックリしましたが、磨き心地は悪くない。しかも大量にある。いいことづくめではあります。なお、デンタルフロスとタフトブラシも常備されていることは言うまでもありません。

歯磨きの時間が短いと注意される

いままでの人生で、歯磨きは3分くらいやればいいと教わってきました。しかし歯科衛生士である妻は「ちゃんとやれば10分くらいはかかるはず」と言います。

そういえば、妻に「ちゃんとしたやり方」を教わったことがありました。確かに10分くらいかかるな……。

でもさ~! それって「理想」じゃないですか? 忙しい毎日のこと、ときには短くなってしまうのもしょうがなくないですか? ダメですか?

そんなつもりで歯磨きをしていると、妻は目ざとく見つけてくる。
「なんか歯磨きの時間短くない?」
本当に人の歯磨きをよく見ているな~、と感心することしきりです。

歯医者に定期検診に行くと、歯科衛生士さんにすごくほめられる

日頃からこんなふうに歯磨きをしているので、歯科の定期検診に行くと歯科衛生士さんにほめられます。うれしいというよりも「そりゃ、うちに歯科衛生士がいればね……」という気持ちになります。

ちなみに、妻の働いている歯科医院には行かないようにしています。家から近いんですが、なんか恥ずかしいので……。

歯科衛生士がいる家庭あるある 家の近くで働ける編

歯科衛生士が働く「歯医者」は本当にどこにでもありますよね。都会にもあるし、地方にもある。商業地にもありますし、住宅地にもある……。

歯科衛生士からすると、働き先はよりどりみどりなんじゃないでしょうか。妻は「家の近くで働ける」ということを強いメリットとして感じているようです。

夕食を二人そろって早い時間に食べられる

妻は家の近くで働いています。残業もほとんどありません。そして、僕は在宅で仕事をしているフリーランス。

そのため、夕食を二人そろって比較的早い時間に食べることができます。夜の7時くらいにやっているバラエティ番組を見ながら夕食を食べると、なんだかすごく「余裕のある生活」を送っている気分になれます。

夜の7時くらいに夕食を食べると、夜の時間も長く使えます。映画を見たり、ゲームをしたり、どうでもいいことを話したり。何気ないことだけど、いい時間だなって思います。

朝もゆっくり通勤できる

通勤時間が短いので、朝も早くありません。妻はだいたい8時20分くらいに家を出ています。徒歩で通勤できるために、混雑している朝の電車に乗る必要もない。

いまでこそ僕は在宅フリーランスですが、一般の企業に会社勤めをしていたときもありました。会社は9時始業なのですが、若年社員は上司よりも早く出社する、という謎の慣習があったため、8時くらいには席についていないといけませんでした。ちなみに家を出るのは7時前で、通勤で体力の半分くらいを使い果たしていました……。

そんな経験がある僕から見ると、だいぶいい環境だなと思います。でも妻は「もっと遅くならないかな~」とぼやいていました。ちょっと朝に弱すぎないか?

デメリットは「患者さんが近所に住んでいるかも……」

家の近くで働けるのはメリットだらけに思えるんですが、デメリットもあるみたいです。それは担当している患者さんと生活圏内が完全にかぶってしまうこと。

妻は近所のスーパーなどにいくときに「担当している患者さんに会わないかな……」なんて言っていることがあります。

家の近くを二人で歩いているときに「あの後ろ姿……担当している患者さんかもしれない!」と言って、物陰に身を隠すこともありました。歯科衛生士はスパイかなにかなのか?

それにしても、プライベートでそこまで患者さんに会いたくないものなのか。自分だったら……? やっぱりちょっとイヤかも。

歯科衛生士のいる家庭あるある 人の歯が気になりすぎる編

歯科衛生士が家にいると意外なタイミングで「歯」に語ってくれます。クオキャリアのブログ読者の皆さんには当たり前のことなのかもしれませんが、僕は聞いていてすごくおもしろいです。

テレビに出る芸能人の歯をすごく見みている

なにげなくテレビを見ていると「この芸人さんインプラント入れたんだ~。最近売れてるもんね……」と妻。

妻はテレビに出ている人の歯をものすごく見ています。とは言っても意識的にチェックしているというわけではなく、なんとなく目が行ってしまうそう。僕にはぜんぜん気がつかない分野なので、感心してしまいます。

また、「歯がない」ことをネタにしている芸人さんにはちょっと厳しいです。テレビを見ているときにも現れてしまうプロ意識よ……。

YouTubeでものすごい歯石のある人が歯石を取る動画を見ている

妻がYouTubeで「歯石だらけになってしまった人の歯石除去動画」を見ていました。なんとなく僕も一緒になって見たのですが……。これは見応えありますね!!!

患者さんは、もう歯が歯石に埋もれているくらいまで歯石がたまっています。まずここで、よくもここまで歯石をためたものだという驚きがあります。

それをどんどん除去していくのも気持ちがいい。水流や器具をどんどん当てていって、はがれるときは一気にはがれるんですね……。

しかし、歯石をためてしまうのは、よくないこと。ちょっと「禁断の楽しみ」という気がしないでもないです。

福本伸行先生のマンガのキャラの歯は多すぎる

「カイジ」シリーズなどのギャンブルマンガで有名な福本伸行先生。夫婦とも好きでファンなのですが、ある日妻がこんなことを言いました。

「福本先生のマンガに出てくるキャラの歯って、多いよね~」

どういうこと? 確かめてみます。

……

 

本当に多い! すべてのキャラの歯が多い!!!

一度注目すれば、素人の僕にも分かることなのですが、そこに目がいくのがすごい。プロの視点に感動しました。感動するところじゃないかもしれませんが……。

家族に歯科衛生士がいてよかった~!

以上、「あるある」のつもりで書いていてみました。ただ、どうなんですかね? これってうちの妻だけの話かもしれません……。

歯科衛生士さんみんなが福本伸行先生の歯に注目しているってこともないだろうし……。最後の最後にじゃっかん不安になってきました。

ともあれ、家に歯科衛生士がいると、歯は健康になるし、楽しいし、いいことだらけですよね。本当によかった~!

クオキャリアを見ている歯科衛生士の皆さんには一緒に住んでいる人はいますか? もしいるとしたら、その人もあなたが歯科衛生士で「よかった~!」と思っているかもしれませんよ……?

 

イラスト・文 斎藤充博
編集 ピース株式会社