新卒 既卒

【歯科衛生士が知っておきたい社会人マナー&知識】領収書の正しいもらい方、ほか

2022.4.21

はじめに

就職して社会に出ると、日々の生活や将来のこと、さまざまな場面でのマナーなど、仕事以外にも考えることがたくさん。
社会人としての常識や生活の知恵を身につけ、ワンランク上のオトナDHを目指しましょう!

【Manner】領収書の正しいもらい方

職場の人に買い物を依頼された場合、大抵は領収書をもらってくる必要があります。
その際店員に伝えるのは、「宛名」と「但し書き(ただしがき)」の2つ。

まず、宛名は「○○歯科医院」などと職場の名前を書いてもらいます。
ちなみに一般企業の場合、正しく記してもらえるよう、会社の名称と併せて株式会社○○は「マエカブ」、○○株式会社は「アトカブ」と、伝えたりします。
但し書きは一般的に「品代(しなだい)」が使われがちですが、書籍代や消耗品代などできるだけ具体的に書いてもらいましょう。

【Healthcare】食中毒には一年中気をつけて

食中毒といえば梅雨や夏をイメージするかもしれませんが、実は一年中リスクがあります。

予防の基本は調理や食事の前の手洗い。
診療前と同じ様に、石けんを使って手指を清潔にしましょう。

また、調理の際は必ず中心部まで火を通して。
食中毒を引き起こす腸管出血性大腸菌やカンピロバクターといった細菌の多くは、加熱すると死滅するからです。
調理後も長時間常温で放置せず、すぐに食べない物は冷蔵庫に入れるのを忘れずに。

【Social】自転車も飲酒運転NGです

自転車は手軽な移動手段ですが、飲酒をして運転すると、自動車と同様に道路交通法違反になるのを知っていますか?
自転車による酒酔い運転の場合、5年以下の懲役、または100万円以下の罰金が科せられます。
何より、フラフラ運転するのは危ないですよね。

春は歓送迎会のシーズン。
自転車で出かけてお酒を飲んでしまったときは、公共交通機関やタクシーを利用するか、押して歩くようにしましょう。

 

*こちらは、2020年3月発行「就活BOOKクオキャリア春号」掲載記事を再編集したものです。掲載情報は当時のものとなります。

――最新の「オトナDH研究所」は就職BOOKクオキャリアに掲載されています!無料でお取り寄せできるのでぜひご覧ください。