新卒 既卒

新卒歯科衛生士のボーナスはいつ?いくら?実態を調査しました!

2022.9.7

毎年6月と12月になると話題に上るのがボーナス。
SNSのトレンド欄やテレビでは見かけるものの、「歯科衛生士にボーナスがあるの?」「もらえるとしたらいつ?いくら?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

平均的な賞与の金額や支給時期など、求人に応募する前に知っておきたい歯科衛生士のボーナス事情について、一緒にチェックしていきましょう!

そもそも「ボーナス」って?

ボーナスと賞与、寸志の違い

「ボーナス」とは、求人情報に書かれている「賞与」のこと。
毎月出るお給料とは別に、医院ごとの規定によって支給されるお金のことです。

ちなみに、賞与欄でたまに見かける「寸志」は「ちょっとしたお礼、厚意」という意味。
「入職して日が浅いためボーナスの対象にはならないけれど、今後に期待して」といった場合に渡されるものです。

支給されるタイミング

一般的にボーナスが支給されるのは、夏と冬(6月・12月)の年2回。
過去6ヶ月間の勤務や頑張りを評価して、お給料とは別に支払われます。

・夏のボーナス:前年度の10月~3月が評価期間
・冬のボーナス:その年度の4月~9月が評価期間

求人情報の賞与欄に「医院業績による」などと記載されている場合は、医院全体の業績に応じて支給額が変わります。
また、パート・アルバイトにはボーナスが支給されないことが多いので注意しましょう。

歯科衛生士のボーナス事情!

歯科衛生士の平均的な「賞与額」は?

WEBクオキャリアに掲載されている求人で最も多かったのは「年間2.00ヶ月分」
具体的な額は定めず「実績・医院業績による」としているケースも、多く見られました。

ここで知っておきたいのが、ボーナスの計算方法。
多くの歯科医院では、ボーナスは毎月の給与から各種手当を引いた基本給を基準に計算することが一般的です。

基本給が180,000円で賞与が年間2.00ヶ月だった場合、1年間に360,000円の賞与が支給されます。
月給が同じ2つの医院でも、ボーナスの有無によってこれくらい年収が変わってきますので注意が必要です。

歯科衛生士の平均的な「賞与回数」は?

ボーナスの回数は、約97%の歯科医院が「年2回」でした!(WEBクオキャリア調べ)
なお一般企業の平均ボーナス回数も、歯科業界と同様に年2回となっています。

・年3回支給
・決算賞与がある(その年度全体の業績によって決算月に支給)
・お給料に加えて毎月ミニボーナスを支給
といったパターンを採用している歯科医院もあるようです。

皆さんの中には奨学金を借りている人もいるかもしれませんが、返還方式によっては月々の返済に加えて1月・7月のボーナス後の時期にまとまった返済が発生することもあります。
当てはまりそうな方は確認しておくのがオススメです。

ボーナスはいつからもらえる?

新卒や転職1年目の場合、賞与は後期(冬のボーナス)から支給されるのが一般的。
「もらえると思っていたのにガッカリ」「賞与が原因でトラブルに…」とならないよう、注意が必要です。

どうしても気になる方は面接時に、仕事内容や教育体制などの質問をした後に付け足して確認してみるのもありでしょう。
ですが、「1年目でもボーナスは出ますか」とハッキリ聞くのはNG!「入職後の生活を具体的にイメージしたいので、大まかな年収が知りたい」といった聞き方にとどめておきましょう。

ボーナスがない歯科医院もあるってホント?

ボーナス・賞与の制度がない歯科医院の割合

通常のお給料と異なり、ボーナスについては、労働基準法で定められていません。
支給額や回数はもちろん、賞与制度の「あり・なし」も歯科医院に委ねられています。

とはいえ、WEBクオキャリアに掲載されている求人はほとんどが賞与あり。
収入面が気になる方も、安心して求人探しをしていただけます。

★WEBクオキャリアでは、30秒のカンタン会員登録で「見学申し込み」が可能!あなたの希望する条件に合った歯科医院が見つかります。

https://www.webqua.jp/ndh

ボーナスがない歯科医院のメリット

ここまで読んで「じゃあ、ボーナスがない歯科医院には応募しないほうがいい?」と思った方も多いはず。
確かに《ボーナスがあることのメリット》はたくさんありますが、逆に《ボーナスがないことのメリット》もあるんです!

・給与ベースが比較的高く設定されている
・インセンティブ(歩合)制度が設けられている場合がある
・ボーナスカットの心配がなく、安定した収入を得られる

2020年には新型コロナウイルスの世界的な流行によって、歯科業界も大きな影響を受けました。
そのように医院の経営状態が悪化した場合、ボーナスをカットされる可能性も。そうした心配がないのは、メリットの一つと言えます。

年収に大きく関係してくるボーナス。
毎月のお給料だけでなく、賞与があるのか・何ヶ月分もらえるのかまで、求人情報にしっかり目を通すことが大切です。

 

★WEBクオキャリアでは「見学・応募」申し込みでAmazonギフト券2,000円がもらえるキャンペーンを開催中!
気になる求人を見つけたら、ぜひWEBからご応募くださいね。

https://www.webqua.jp/oubocampaign