SEARCH
powered by
すべての治療に本気でぶつかっていく
  • 入職 2021年
  • DDS歴 2年目

西田歯科・矯正歯科

すべての治療に本気でぶつかっていく

大阪府の歯科医院「西田歯科・矯正歯科」に勤める中村 元一先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
歯科医師 中村 元一
歯科医師 中村 元一

西田歯科・矯正歯科

歯科医師 中村 元一 先生

日本歯科大学卒

出身地:滋賀県/DDSを志したきっかけ:曾祖父から続く歯科医師の家系だから/モチベーションUP法:やるしかない状況に自分を追い込む/座右の銘:虎穴に入らずんば虎児を得ず/オススメの本:クレイソン 著『バビロンの大富豪』

歯科の可能性を確信し
学びに目覚めた

歯科医師の家系に生まれ育ち、特に深く考えることなく歯学部へ進んだ私が、本気でこの道を志すようになったのは大学生のとき。歯科医療が口腔にとどまらず、全身の健康や命にも関わっていることを学び、「これは一生をかけてやる価値がある仕事だ」と確信したんです。そこで臨床研修では終末病棟に入り、摂食嚥下分野の専門医について全身管理を経験。より歯科の重要性を実感したところで、「次は地域医療の立場から多くの症例を手掛けたい」と思い、当院への入職を決めました。

初めて見学に訪れたときは「こんな小さな商店街の一角に、本当に患者さんが来るのかな?」と思いましたが、実際に院内を見てみると赤ちゃんから高齢の方まで幅広い患者さんが通われていて。症例も多岐にわたっており、研修明けの私にはまさに理想的な環境だと思いましたね。現在、入職して丸1年。大学同期と比べても担当する患者さんの数は圧倒的に多く、歯科医師としての自信も着実に身についてきています。

真剣に向き合う中で
本当の信頼を得る

当院の教育はとにかく実践重視。でも任されるということは責任を担うことでもあり、やると言った以上「できませんでした」は許されません。入職当初は治療前にひたすら勉強してから臨んでいて、その緊張感たるや毎夜悪夢を見るほど(笑)。そんな中でも、自分なりのプランで患者さんの症状が改善していくと本当にうれしくて。「この人たちのために頑張らなければ!」と都度気持ちを新たにし、院長や先輩にも相談しながらスキルを高めていきました。

私のモットーは、その場しのぎの治療をしないこと。どんな症例にも真剣に向き合い、改善意欲の低い患者さんには厳しく指導することもあります。すると最近では「自費診療もぜひ中村先生に」と言ってくれる方が増えてきて。本気で取り組んでいることが伝わったと思うと、大きな達成感がありますね。将来は実家の医院を継ぐつもりですが、単に1院を経営するだけでなく、より地域へ貢献できるグループ組織をつくりたいんです。そのためにも当院でさらに幅広く学び、歯科医師として確かな基盤を築いていこうと思います。

ANALYSIS
医院分析

診療の傾向

来院患者数

一日平均
70

ユニット台数

7

患者の特徴

  • 幅広い年齢層
  • 近隣在住
  • リコール中心

スタッフ人数(法人合計)

総勢13名 (DDS3名/DH5名)

医院の雰囲気

落ち着き にぎやか

教育の特徴

  • 実践重視
  • 新人採用実績
  • 講習会費一部支給
  • 認定医在籍
  • カリキュラムあり
  • 院内勉強会あり

医院情報

西田歯科・矯正歯科

  • 大阪府四條畷市楠公1-15-8
中村 元一先生が働く職場の求人情報はこちら
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
西田歯科・矯正歯科の動画をチェック! »

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

中村 元一先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
西田歯科・矯正歯科の動画をチェック!

« TOPページへ戻る