SEARCH
powered by
心を開いてもらうことで守れる健康がある
  • 入職 2021年
  • DDS歴 3年目

医療法人社団 幸陽会間瀬デンタルクリニック

心を開いてもらうことで守れる健康がある

千葉県の歯科医院「医療法人社団 幸陽会間瀬デンタルクリニック」に勤める小越 友季先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
歯科医師 小越 友季
歯科医師 小越 友季

医療法人社団 幸陽会間瀬デンタルクリニック

歯科医師 小越 友季 先生

東京医科歯科大学卒

出身地:東京都/資格・所属学会:日本歯周病学会/DDSを志したきっかけ:歯科医師である母に憧れて/趣味:ドライブ、ジョギング/特技:陸上競技/モットー:与えてもらった仕事は断らない

多くの経験の中で
一日一日、成長を実感

就職先選びで重視したのは、多くの経験が積めることです。私は当院で臨床研修を受けたのですが、症例の豊富さに加えて、とても働きやすい雰囲気だったことが印象に残っていて。他の医院も含めて検討した結果、またここで学びたいと考えました。

入職後は、先輩が作ってくれた「研修カレンダー」に沿って一つずつ習得していきます。日々できることが増え、2〜3ヶ月後には初診の患者様を担当できるようになりました。教材の中で特に役立ったのは動画マニュアル。「形成」「根管治療」といったカテゴリーごとに手順が解説してあり、予習や復習がしやすかったですね。

独り立ちしたばかりの頃は、予約時間内に診療を終えることに苦労しました。そこで、あらかじめ診療の手順を組み立て、かかる時間を予想しておくように。それを繰り返すうち、次第に時間通りに進められるようになりました。先輩たちが「困ったことがあったら言ってね」と声を掛けてくれることも安心材料になり、落ち着いて診療に取り組めています。

丁寧なアプローチが
患者様に変化をもたらす

当院ではすべての診療において、歯周病治療を土台に据えています。しかしときには、歯周病治療の意味や必要性を患者様になかなか理解してもらえないことも。そのような場合も、歯科医師と衛生士が連携を取りながら繰り返し丁寧に説明するうち重要性が伝わり、継続して通っていただけるようになることが多くありますね。

今までで一番印象的だったのは、研修医時代から診ている患者様。口数の少ない方なので、ちゃんとコミュニケーションを取れるか最初は不安がありました。でも回を重ねるごとに少しずつ打ち解けていき、最近では「先生に任せる」とまで言ってもらえて。しかも以前はヘビースモーカーだったのに、いつの間にか歯周病予防のために禁煙をしてくれていたんですよ! こんなふうに患者様と信頼関係を築き、健康へ導けていることを実感できるのも、充実したサポートのある当院だからこそ。安心してじっくり診療に取り組めるので、うれしい瞬間にもたくさん出会えるんです。これからも当院で、患者様一人ひとりに寄り添っていきたいです。

ANALYSIS
医院分析

診療の傾向

来院患者数

一日平均
150

ユニット台数

20

患者の特徴

  • 幅広い年齢層
  • 近隣在住
  • リコール中心

スタッフ人数(法人合計)

総勢69名 (DDS15名/DH23名)

医院の雰囲気

落ち着き にぎやか

教育の特徴

  • 実践重視
  • 資格取得支援制度
  • 認定医在籍
  • 専門医在籍
  • カリキュラムあり
  • 診療マニュアル

医院情報

医療法人社団 幸陽会

  • 間瀬デンタルクリニック千葉県富津市大堀2-16-10
小越 友季先生が働く職場の求人情報はこちら
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人社団 幸陽会 間瀬デンタルクリニックの動画をチェック! »

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

小越 友季先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人社団 幸陽会 間瀬デンタルクリニックの動画をチェック!

« TOPページへ戻る