SEARCH
powered by
何年たっても変わらず臨床が楽しい
  • 設立 2015年
  • DDS歴 16年目

医療法人社団 真陽会荻窪ツイン歯科医院

何年たっても変わらず臨床が楽しい

東京都の歯科医院「医療法人社団 真陽会荻窪ツイン歯科医院」理事長 町田 真吾先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
理事長 町田 真吾
理事長 町田 真吾

医療法人社団 真陽会荻窪ツイン歯科医院

理事長 町田 真吾 先生

日本大学卒

出身地:東京都/資格・所属学会:日本顎咬合学会、日本臨床歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本歯周病学会、OJ正会員、日本アライナー矯正歯科研究会/オススメの勉強法:自分がした治療を先輩にプレゼンする

先輩へのプレゼンで
実践力が鍛えられた

研修医時代から勉強が好きで、よく有名な先生の医院を見学に回っていました。その中で印象的だったのは、「経営が好きな先生」と「臨床が好きな先生」がいるということ。どちらも魅力的ですが、私にとっては臨床が好きなドクターの方がのびのびと仕事をしているように見えたんです。「自分が歩むべき道はこっちだ」と思い、就職活動でも治療経験をたくさん積める医院を探しました。

開業前に8年ほど勤めた医院では、知識・技術共にとことん鍛えてもらいましたね。特に、他院のドクターを交えた勉強会でプレゼンをしたことがスキルアップにつながったと思います。隔月で自分が担当した症例を発表するのですが、若手のうちはいつも先輩方からコテンパンにやられてしまって(笑)。「こうすれば良かったんだ」と学んでは次に生かすことで治療の引き出しが見る見る増えていき、最終的には4 0 0 名ほどのドクターを相手に咬合再構成の症例を発表できるまでになりました。

患者さんの“やる気”を
高めるために

当院が大切にしているのは、患者さんにきちんと治療についてお話しすること。ただ処置をするだけでは患者さんご自身の口腔への意識は高まらないので、その都度現状と目標を明確に伝える必要があるんです。そのため初診時に検査をして治療計画を立てたら、トリートメントコーディネーターから「現在の口腔はどんな状態か」「これからどう治療するのか」といったことを詳しく説明してもらうようにしています。今では患者さんから「トリートメントコーディネーターの方とお話ししたいんですが」と問い合わせが来ることもありますよ。分業ができているので、歯科医師にとって治療に専念しやすい環境でもありますね。

開業から7年たった今も、臨床の面白さは変わりません。年間セミナーは毎年受けていますし、複数の分野に興味を持ったら同時進行で学ぶこともあります。〝勉強熱心〞というよりは、単純に新しい知識を取り入れるのが好きなんですよね。もちろん、勤務医の皆さんにもどんどん外へ学びに行ってほしいと思っています。ぜひ当院で、「仕事が楽しい!」と思える毎日を送りませんか。

ANALYSIS
医院分析

診療の傾向

来院患者数

一日平均
70

ユニット台数

8

患者の特徴

  • 成人中心
  • 近隣在住
  • 新患中心

スタッフ人数(法人合計)

総勢16名 (DDS3名/DH5名)

医院の雰囲気

落ち着き にぎやか

教育の特徴

  • 基礎重視
  • 新人採用実績
  • 講習会費一部支給
  • 資格取得支援制度
  • 認定医在籍
  • 院内勉強会あり

医院情報

医療法人社団 真陽会

  • 荻窪ツイン歯科医院東京都杉並区上荻1-23-18 町田KSビル3F
町田 真吾先生が働く職場の求人情報はこちら
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人社団 真陽会 荻窪ツイン歯科医院の動画をチェック! »

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

町田 真吾先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人社団 真陽会 荻窪ツイン歯科医院の動画をチェック!

« TOPページへ戻る