SEARCH
powered by
医道・医業・医術を究め、患者様に感動を与えたい
  • 入職 2014年
  • DDS歴 10年目

医療法人 健秀會みわ歯科クリニック

医道・医業・医術を究め、患者様に感動を与えたい

東京都の歯科医院「医療法人 健秀會みわ歯科クリニック」に勤める青地 佑樹先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
副院長 青地 佑樹
副院長 青地 佑樹

医療法人 健秀會みわ歯科クリニック

副院長 青地 佑樹 先生

明海大学卒

出身地:広島県/資格・所属学会:日本顎咬合学会、JPGC同門会役員、歯科医師臨床研修指導医/趣味:読書/リフレッシュ法:散歩/モチベーションUP法:セミナーに参加する/座右の銘:好況よし、不況なおよし

歯科医師に必要なのは
技術だけではない

私が当院を知ったきっかけは、臨床研修先の大学病院に理事長が非常勤講師として来ていたことです。声をかけてもらって見学したところ、歯科医院とは思えないほど、明るくて楽しい雰囲気で。その中でバリバリ仕事をしている先輩たちの姿を見て、自分もこの環境で研鑽したいと考えました。

そして実際に働いてみると、磨けることは治療技術だけではありませんでした。当院では、「医道」「医業」「医術」の3つを大切にしています。「医道」は歯科医師としての倫理観、「医業」はサービス、そして「医術」が技術です。良い歯科医師であるためには、この3つを養うことが必要なのだと学びました。

入職してからこれまで、壁にぶつかったことが何度もありました。例えば、適切な診断ができていないのに治療を進めてしまい、打開策が見つからなくなったこともありました。また、4年目に医局長に就任した際には、マネジメントの難しさに直面しました。こうしたときにも、理事長の適切で親身なアドバイスのおかげでハードルを乗り越えられ、その先にある仕事の面白さを知ることができました。

人材育成と経営的視点で
地域から愛される医院へ

後輩歯科医師の指導をする機会も多くありますが、その際に軸にしているのは、「患者様のためになるか」です。その上で、できるだけ本人に任せて見守るようにしています。自分でやり抜く経験をすると、考えて仕事に取り組むようになり、それが成長につながるからです。後輩が患者様から感謝されている姿を見ると「地域の人たちに必要とされる人材になったんだな」と感じてうれしくなりますね。

私は今春から、副院長に就任しました。これまでは医局長として外来診療のみを統括する立場でしたが、これからは訪問診療や経営面も含めて総合的に管理しなくてはなりません。この役職をもらったことは大きなモチベーションになっていると同時に、私のキャリアにとって一つの転機になりそうです。

目指しているのは、患者様に感動していただける歯科医師になることです。そして副院長として、地域の人たちからさらに愛されるクリニックをつくっていきたいという想いが、日々高まっています。

ANALYSIS
医院分析

診療の傾向

来院患者数

一日平均
120

ユニット台数

12

患者の特徴

  • 成人中心
  • 近隣在住
  • リコール中心

スタッフ人数(法人合計)

総勢51名 (DDS10名/DH19名)

医院の雰囲気

落ち着き にぎやか

教育の特徴

  • 実践重視
  • 専任の育成担当
  • 新人採用実績
  • 認定医在籍
  • カリキュラムあり
  • 院内勉強会あり

医院情報

医療法人 健秀會

  • みわ歯科クリニック東京都足立区入谷2-2-17
青地 佑樹先生が働く職場の求人情報はこちら
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人 健秀會 みわ歯科クリニックの動画をチェック! »

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

青地 佑樹先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人 健秀會 みわ歯科クリニックの動画をチェック!

« TOPページへ戻る