SEARCH
powered by
大切なのは自ら手を動かし、考え、感じること
  • 入職 2021年
  • DDS歴 3年目

医療法人社団 佑秀会

大切なのは自ら手を動かし、考え、感じること

東京都の歯科医院「医療法人社団 佑秀会」に勤める副島 寛隆先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
歯科医師 副島 寛隆
歯科医師 副島 寛隆

医療法人社団 佑秀会

歯科医師 副島 寛隆 先生

東京医科歯科大学卒

出身地:福岡県/資格・所属学会:日本口腔インプラント学会/DDSを志したきっかけ:医療職に就きたいと考え、父の背中を見て歯科を選んだ/モチベーションUP法:好きな音楽を聴く/座右の銘:臥薪嘗胆

多くの実践と挑戦を
後押ししてくれる環境

学生時代からインプラントに関心があったため、専門医の理事長から学べることに惹かれて当院へ見学に訪れました。すると、入職1年目のドクターのアポイントが、担当の患者様でびっしり埋まっていて。自分の手を動かしながら学びたいと考えていた私にとって、まさに理想の環境でした。

入職後は、先輩や理事長に相談しながら、まずは基本的な治療を実践しました。初めて行う処置のときは緊張しましたが、事前にきちんと勉強や準備ができ、先輩も確認してくれるので、無理なく取り組めましたね。

2年目を迎えた今は、インプラントオペの初執刀に向けて準備を進めているところです。同期には1年目にインプラントを始めたドクターもおり、難度の高い治療も当院でなら早期に経験できます。また、たとえコストがかかっても、やりたい治療には積極的にチャレンジさせてもらえる環境です。多くの症例に取り組み、その中でさまざまなことを考えたり感じたりすることが、何よりの学びにつながっています。

自分の治療や意識を
常に見直し続けたい

当法人では、診療に担当医制を採用しています。自分が受け持った患者様を長く診続けられるので、治療の手ごたえを得られるのはもちろん、思ったような結果が出なかったときにもしっかり反省できるんです。それを繰り返すことで、自分の意識とスキルがアップデートされていると感じますね。

また、患者様と信頼関係を築く上でも、担当医制は大きなメリットです。例えば私が受け持っている患者様の中には、歯科恐怖症の方がいます。その方も、世間話を交えながら継続してコミュニケーションを取るうちに、「副島先生なら治療を受けられる」と言ってくださるまでになりました。こうした関係性が、患者様の健康につながるのはもちろん、私自身の励みにもなっていますね。

今はまだ、将来の進路は決めていません。しかしどのような道に進むにせよ、長い目で見れば、いずれは自分の経験を次世代に伝えるときが来るはずです。そのときにこれまで得てきたものをしっかり引き継げるよう、常に自身の治療を振り返って見つめ直し、経験値として積み上げていきたいと考えています。

ANALYSIS
医院分析

診療の傾向

来院患者数

一日平均
50

ユニット台数

5

患者の特徴

  • 幅広い年齢層
  • 近隣在住
  • リコール中心

スタッフ人数(法人合計)

総勢20名 (DDS7名/DH6名)

医院の雰囲気

落ち着き にぎやか

教育の特徴

  • 実践重視
  • 新人採用実績
  • 認定医在籍
  • 専門医在籍
  • カリキュラムあり
  • 診療マニュアル

医院情報

医療法人社団 佑秀会

  • 世田谷シティ歯科東京都世田谷区砧2-14-30 ガーデニエール砧2F
  • 本駒込の文京シティ歯科東京都文京区本駒込1-1-27 アトラス白山1F
  • 代田橋の世田谷シティ歯科東京都世田谷区大原2-27-30 メゾン代田橋102
副島 寛隆先生が働く職場の求人情報はこちら
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人社団 佑秀会の動画をチェック! »

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

副島 寛隆先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人社団 佑秀会の動画をチェック!

« TOPページへ戻る