SEARCH
powered by
任せてもらえるから「知識」が「経験」に変わる
  • 入職年 2020年
  • DDS歴 6年目

医療法人 9020

任せてもらえるから「知識」が「経験」に変わる

愛知県,三重県の歯科医院「医療法人 9020」に勤める大津留 果歩先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
RYO JIMBO DENTAL 歯科医師 大津留 果歩
RYO JIMBO DENTAL 歯科医師 大津留 果歩

医療法人 9020

RYO JIMBO DENTAL 歯科医師 大津留 果歩 先生

愛知学院大学卒
2016年
  • 愛知学院大学卒業、
  • 愛知学院大学歯学部附属病院にて臨床研修
2018年
  • 愛知県内の歯科医院に勤務
2020年
  • 医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL に入職
2021年
  • 藤田医科大学口腔外科に研究生として在籍

出身地:大分県/DDSを志したきっかけ:父が歯科医師だったこと。当院を知ったのも、実家の歯科医院の副院長の紹介/趣味:テニス、ゴルフ/休日の過ごし方:ゴルフ、掃除、料理

一番の決め手は
いつでも相談できる環境

当院に入職した決め手は、治療のレベルが高いのに加えて、院内の雰囲気がとても良いこと。見学時にスタッフ同士の連携が取れていることも伝わってきましたし、悩んだときにはすぐに理事長に相談できるというのが大きな魅力でした。また患者様とのコミュニケーションも重視していて、時間をかけて丁寧な治療に取り組めることにも惹かれましたね。さらにインプラントに強みがあるだけでなく、予防を含めた幅広い診療分野に力を入れていて、ここでなら自分のスキルを広げられると感じました。

入職後は新人も経験者も、基本的には同じカリキュラムに沿って当院のやり方を学びます。まずは模型で形成などの練習を行い、合格がもらえた処置から患者様の治療で実践。特にそれまで経験のなかった治療は、理事長に一から教えていただいたり、先輩の診療を見たりしながら身につけていきました。現在は一般歯科のほか、小児歯科や審美歯科を担当。6~7割が自費診療なので、臨床の中で高いスキルを身につけられています。

心強い支えがあるから
積極的に挑戦できる

入職してから苦労したことは、抜歯やインプラントなどの外科的な処置。当院では、普通なら口腔外科に送るような埋伏抜歯も院内で対応するので、私にとっては初めて経験することも多くありました。最初は理事長にアシスタントについてもらい、すぐに交代できる体制で挑戦しましたが、埋伏抜歯はなかなかうまくいかず苦労しましたね。インプラントについても、前職で100時間コースのセミナーを受けていたものの実際に処置をしたことはなくて。理事長が用意してくれた豚顎骨を使って、インプラントの埋入や抜歯を繰り返し練習し、その中で少しずつ技術と自信がついていきました。

当院では、理事長だけが高度な治療を手がけるのではなく、すべての歯科医師が同じ水準に到達することを目指しています。全顎的な治療が必要な症例も、難しい部分は理事長がサポートしつつ、基本的には勤務医に任せてくれるスタイル。自分自身のスキルアップにつながりますし、患者様とも信頼を築けるので大きなやりがいを感じられます。そして私は今年から、口腔外科を基礎から学ぶため、大学に研究生として通い始めたところ。理事長も積極的に通学を勧めてくれるなど成長を応援してくださって、とてもありがたいですね。

“歯科医師人生の師匠”
そう呼べる人に出会えた

加えて当院の大きな特徴は、スタッフの協働体制が万全なこと。患者様には担当の歯科衛生士がついており、歯茎の状態やセルフケアの癖、プライベートの情報などをきめ細かく把握しています。治療の際には歯科衛生士と一緒に計画を立てて進めていくので、歯周病の管理やメンテナンスまで含めて、一貫した対応が可能です。また、歯科医師の勉強会も毎週開催し、治療計画についてディスカッションしています。常に情報共有や相談ができるため、悩みを一人で抱え込むことはありません。

理事長は、こうした職場の雰囲気づくりにも非常に長けています。診療の基準に関してはもちろん厳しいですが、指導はとても優しいですね。スタッフにもこまめに声かけをしていて。相手のモチベーションを上げるのがとても上手なんです。プライベートでは一緒にお酒を楽しく飲んで、カラオケで美声を披露してくれることもありますよ。私にとって理事長は、歯科医師としてもリーダーとしても、尊敬できる“師匠”。当院を選んで本当に良かったと、今改めて感じています。私の目標は、初診の患者様のお口を見て、口腔内全体を考えた治療を提案できるようになること。これから入職する方とも、切磋琢磨しながら一緒に成長したいですね。

DDS Career Interview
先輩DDSが語る キャリアSTORY

RYO JIMBO DENTAL 歯科医師小牧 令典先生

  • 入職年 2020年
  • DDS歴 5年目
小牧 令典
2017年
  • 日本歯科大学卒業、
  • 藤田医科大学病院歯科口腔外科にて臨床研修
2018年
  • 藤田医科大学病院歯科口腔外科に勤務
2020年
  • 医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL に入職

出身地:岐阜県/資格・所属学会:日本口腔外科学会、日本臨床栄養代謝学会/DDSを志したきっかけ:歯科医師である父の姿を見て。最近は父が開く勉強会にも参加/リフレッシュ法:ジムで体を動かす

小牧 令典

自分の“スタンダード”が、スタートから引き上がる

基礎から学びながらトップレベルを目指せる

大学卒業後は、臨床研修を含めて3年間、病院の口腔外科に所属。外科治療や摂食・嚥下を学びましたが、保険診療などの経験はほとんどありませんでした。そこで、口腔外科の技術や知識を生かせると同時に、一般歯科を一から学べる環境を求めて当院に入職しました。例えば、虫歯を削る処置に関しては新卒と変わらないレベルだったので、模型練習などを通して基本からチェックしてもらったりして、入職後2~3ヶ月ほどで一通りの治療ができるようになりました。現在は保険診療のほか、智歯抜歯などの外科処置にも幅広く対応しています。当院の方針は、すべての歯科医師が早い段階でインプラント治療を習得すること。インプラントのスペシャリストである理事長から、直接指導を受けられることが大きな強みです。新人時代から、インプラント治療を自分の“スタンダード”にできることは、確実にアドバンテージになると思います。

[全文表示閉じる]

口腔全体を視野に入れた総合治療を究めたい

もちろん、学べることはそれだけではありません。当院には、矯正やセラミック治療など、さまざまな分野を専門とするドクターが複数在籍。幅広い意見を聞くことで、自分の視野が広がりますし、もっと勉強しようという大きな刺激にもなります。今、私が重点的に取り組んでいるのは矯正治療。自分から申し出て、矯正担当医の指導を受けているところです。またそのほかにも、根管治療のWEBセミナーなど、外部の勉強会にも積極的に参加しています。将来のキャリアプランは、まだ決めていません。今は一般歯科や外科処置を究めつつ、オールラウンドにスキルを磨き、自分の選択肢を広げておきたいと考えています。当院では、一本一本の歯を診るだけでなく、複数の治療を組み合わせて口腔内の全体的な機能回復を目指す診療に取り組んでおり、しかもそれを非常に高度なレベルで実現可能。「広く、深い」スキルを身につけたい歯科医師には最適な環境です。ぜひ一度、実際の診療を見に来てほしいですね。

[全文表示閉じる]

Schedule
一日の流れ

  1. 出勤・朝礼

    ミーティングで注意事項や一日の流れを共有した後、歯科衛生士と一緒に診療の準備。週1回は1時間早く出勤して、歯科医師の勉強会を行います。

  2. 午前診療

    ユニットは完全個室で、落ち着いて診療やカウンセリングを行える環境。「自分がしてほしい治療」を常に心がけて患者様と向き合っています。

  3. 昼休憩

    スタッフルームで休憩したり、外出したり。当院は名古屋駅から5分と便利な立地なので、周りにはお店が多くあり、ランチの場所には困りません!

  4. 午後診療

    一番のやりがいは、「治療を受けて生活が変わった」「自信がついた」と喜んでもらえること。もっと勉強して、患者様の笑顔をたくさん見たいです!

  5. 退勤

    その日の診療内容でわからないことがあれば、理事長や先輩に相談して疑問を解消。残業はほとんどなく、歯科医師同士で誘い合って食事に行くことも。

ANALYSIS
医院分析

診療の傾向

来院患者数

一日平均
60

ユニット台数

9

患者の特徴

  • 成人中心
  • 近隣在住
  • リコール中心

スタッフ人数(法人合計)

総勢38名 (DDS8名/DH15名)

医院の雰囲気

落ち着き にぎやか

教育の特徴

  • 実践重視
  • マンツーマン指導
  • 新人採用実績
  • 模型練習あり
  • 相互練習あり
  • 院内セミナーあり

STUDY × TRAINING
教育体制

インプラントなどの高度な治療を学べるのはもちろん、まずは基礎を丁寧に固められることが特徴。その後は、それぞれの関心や将来設計に合わせてスキルを磨いていける。

  1. 模型練習→合格→実践で 確かな基礎力を身につける

    1年間で基本をマスターできるよう、マニュアルに沿って理事長や先輩が丁寧に指導。学んだ治療は積極的に臨床で実践できるため、スキルの定着も早い。

  2. 院内外で勉強会多数!スキルや人脈が広がる

    毎週の院内勉強会のほか、他院の歯科医師も参加する有志の勉強会を開催。外部セミナーへの参加も奨励し、費用は交通費も含めて全額支給する。

  3. 実践の中で経営感覚を磨き 開業や分院長を目指す

    MBAを取得しているスタッフが在籍しており、開業や分院長就任を視野に医院経営を学ぶことが可能。各職種が尊重し合う連携体制からも、多くを吸収できる。

Commitment
医院のこだわり

インプラント、セラミックを中心に、高度な治療を幅広く提供している。しかし、決して闇雲にテクニックを追求しているわけではなく、土台にはメンバーの連携と地道なプラークコントロール、そして「患者様の口腔の健康維持」という揺るぎない目的意識がある。

  • 国際標準レベルのインプラント

    スウェーデンで大学准教授も務めた理事長から、難症例を含めた幅広いケースを学べる。

  • 連携を生かした質の高い総合診療

    矯正やセラミック治療など各分野を得意とする歯科医師が連携し、総合的な治療を提供。

  • 歯科衛生士による「予防」が土台

    すべての治療の目的を“健康維持”に置き、歯科衛生士が担当の患者様の口腔を管理。

  • 従業員の働きやすさを追求

    自己評価制度を導入し、一人ひとりの働き方を尊重。育児と仕事の両立支援にも注力している。

Facility
院内設備

大学病院並みの環境で 治療精度と安全性を確保

CTやマイクロスコープ、オーラルスキャナーをはじめ、最新設備が多数。AEDや心電図モニター、無影灯を備えたオペ室など、安全に外科治療が行える環境も充実している。院内は予防フロアと治療フロアに分かれており、大型セミナールームも完備。もちろん衛生管理も重視し、クラスBオートクレーブを導入している。

医療法人 9020を知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 育児支援について詳しく教えてください

A1女性歯科医師の復職サポートに力を入れており、短時間勤務制度を整えているのはもちろん、保育園の費用も全額支給。管理栄養士による食事の作り置きサービスの利用も可能です。ぜひ、長いキャリアを築いていってください。

Q2 そのほかの福利厚生は?

A2社労士と相談しながら、就業環境の向上に取り組んでいます。社会保険完備に加え借り上げアパートも用意しており、遠方出身の歯科医師が活躍中。セミナー費支給など、スキルアップ支援制度も充実しています。

Q3 グループ院について教えてください

A3名古屋駅前の高層ビル最上階にある本院に加え、2021年には四日市に新しく分院がオープン。住宅街の中で、より地域に密着した歯科医療を提供していきます。これから入職する方も、将来的に分院長を目指すことが可能です。

医院情報

医療法人 9020

  • RYO JIMBO DENTAL愛知県名古屋市中村区名駅4-26-9 NEW AG TOWER Ⅰ 9F、12F
  • 四日市くぼた歯科・矯正歯科(仮称)三重県四日市市久保田1-3-30
大津留 果歩先生が働く職場の求人情報はこちら

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

大津留 果歩先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »

« TOPページへ戻る