エリアからインタビューを探す

卒業校からインタビューを探す

フリーワードでインタビューを探す

「患者さんのため」を 追求したら全身を変える 診療に行きついた
DH 歴
18年目
入職年
2016年
出身地
大阪府

医療法人 健世会なかの歯科クリニック

「患者さんのため」を追求したら全身を変える診療に行きついた

大阪府の歯科医院「医療法人 健世会なかの歯科クリニック」に勤める片山 喜久子さんのインタビュー記事です。一日の業務の流れや、職場環境についてもご紹介します
歯科衛生士 片山 喜久子

医療法人 健世会なかの歯科クリニック

歯科衛生士 片山 喜久子 さん

朝日大学歯科衛生士専門学校卒

目標は一生歯科衛生士として働くこと! そのため今から体づくりに取り組んでおり、ほぼ毎日ヨガに通う。最近筋肉が付き、体が変わってきたことを実感している。

ー歯科衛生士になる前は?

一般の短大を卒業し、総合商社で事務職として働きました。しかし、26歳のときに一念発起して、歯科衛生士学校に入学。卒業後もすぐに臨床には入らず、歯科の器具を製造するメーカーに営業職として入社しました。客先はもちろん、デンタルショーでデモンストレーションを行うこともありましたよ。結婚を機に退職し、それからようやく歯科医院へ就職しました。

ーさまざまなキャリアを経て、 当院を選んだ理由は?

診療環境が整っているところに惹かれました。特に印象的だったのは、衛生管理ですね。基本的な滅菌処理はもちろんのこと、細かな部分まで器具の手入れが行き届いているんです。例えばハンドスケーラーは、手入れが不十分だと歯石をうまく感知できませんが、当院のものを使えば緻密な処置ができます。

ー実際に入職して感じた 当院の魅力は?

歯科衛生士の自主性を尊重してくれるところですね。私が何かをやりたいと申し出れば、院長は必ず「やってみたら」と背中を押してくれます。新しい器材や薬品が必要だと言えば購入してもらえるし、セミナーにも参加させてもらえるし、書籍もそろえてもらえる。何かを諦めなければならないことは、これまで一度もありませんでした。目標や追い求めたいテーマがある方には、これ以上ないくらいピッタリの環境だと思いますよ。

ー診療で大切にしていることは?

口だけでなく、全身を変える診療を目指しています。そのために、できるだけ患者さんの生活に踏み込んだ話をするようにしていますね。ときには「食生活を変えるべき」と指摘したり、血流測定器で血液の流れを見て、生活習慣について相談に乗ったりすることも。そうやって広い視野を持って診ることで、患者さんにより満足して帰ってもらいたいんです。「歯科医院なのにここまでするの?」思われることもあるかもしれないけれど、本当に患者さんのためになる診療をしたいという気持ちで取り組んでいます。

ー今後の目標は?

私と同じく「全身を変える診療」を目指す院長にずっとついて行こうと決めています。同じ考えを持つ院長だから、さらに何でも自由にチャレンジさせてくれる院長だから、私は今も歯科衛生士でいられると思っているので。これからも私らしいスタイルは変えずに、もっとスキルを磨いていきたいです。そして、生涯歯科衛生士でいたいと思っています!

一日のスケジュール
- Schedule -

  • 準備・朝礼

    来院予定の患者さんのカルテをチェックし準備を済ませたら、朝礼を行う。連絡事項などを全員で共有し、スムーズに診療が進むようにする。

  • 午前診療

    午前中はご年配の方が多く来院。慌ただしい夕方に比べて余裕があるので、なるべくゆっくり時間を使い、丁寧に対応するように心がけている。

  • 昼休み

    持参したお弁当を院内で食べることもあるが、近所のお店に外食しに出かけることも。クリニック周辺には飲食店が多いので、ランチが楽しみ!

  • 午後診療

    お子さんが多く来院し、親子共にメンテナンスをすることも。夕方になると会社員の方が増え、予約外の方も訪れるため、一気に慌ただしくなる。歯科衛生士の腕の見せどころ。

  • 後片付け・退勤

    片付けは歯科助手が担当するため、歯科衛生士は早めに退勤。終業後にみんなでごはんを食べに行くこともある。

  • チェックポイント

    院内旅行や親睦会はみんなで楽しんでいます。忘年会では、頑張ったスタッフへの賞金発表も!

職場環境
- Our Workplace -

歯科衛生士 田坂 千晶

歯科衛生士田坂 千晶さん

DH 歴
14 年目
入職年
2013 年
出身地
大阪府
大阪産業大学附属歯科衛生士学院専門学校(現:なにわ歯科衛生専門学校)卒/約10年のブランクを経て仕事復帰。一から学び直すつもりで再スタートし、約半年の見習い期間後に独り立ちした。子育て中のママでもあり、現在はパートとして勤務。

当院に勤めたから気付けた「歯科衛生士っておもしろい!」

私は約10年のブランクを経て、当院で現場復帰しました。歯科衛生士の仕事の良さを実感する前に退職してしまっていたので、当院に入職する前は不安も大きかったです。でも実際に働いてみたら、心配していたことが嘘のように楽しくて、やりがいにあふれていて!それは当院が、言われるままに働くのではなく、自分で考え、自主的に診療できる環境だからだと思います。また、育児との両立がしやすいことも良いところですね。家庭を大切にしながら無理なく仕事を続けられています。

医療法人 健世会を知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 福利厚生は整っていますか?

A1社会保険完備のほか、有休消化率は100%、退職金制度もあるなど、福利厚生はしっかり整っています! 子育てと両立しながら働いているスタッフもおり、長く働ける職場を探している方にはピッタリですよ。

Q2 仕事内容について教えてください

A2アシストや片付けなどは歯科助手が行いますし、歯科衛生士専属のアシスタントも付くので、予防や歯周病治療などの本来業務に専念できます。また、診療内容を自分でカスタマイズするなど、さまざまなチャレンジができる環境です。

Q3 教育制度は?

A3研修や勉強会が充実しているので、新卒の方も、基礎が身に付いている方も成長していけます。特に新人さんは、先輩歯科衛生士がマンツーマンで丁寧にサポート。少しずつ教えていくので安心してください。
片山 喜久子さんが働く職場の求人情報はこちら

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

片山 喜久子さんが働く
職場の求人情報はこちら

経験者向け求人情報 新卒向け求人情報

« TOPページへ戻る