面接を実りあるものにするために 事前準備アレコレ|歯科業界転職・就職ガイド

面接を実りあるものにするために 事前準備アレコレ

案内された椅子に座って、いざ面接対応者を前にしたとたんに頭の中が真っ白に!!

誰でも面接時は少なからず緊張するものですが、いくつかの準備を事前にするだけでも、本番での緊張感はだいぶ変わってくるのではないでしょうか?

ここでは誰にでもできる事前準備策をご紹介します。

必ず質問を何個か用意しておきましょう

面接中、「なにか質問は?」と聞かれて「ありません」と安直に答えるのは、まるで相手に興味がないといっているようなもの。 医院の歴史、街の特徴、患者の年齢層、ほかのスタッフについて、歯科業界の最新事情・・・など、会話が弾み、かつ関心度の高さをアピールできるような質問をいくつか用意しておくとよいでしょう。

正しい敬語を使っているか、もう一度確認しましょう

学生時代は、先生や先輩ぐらいにしか敬語は使わないかもしれません。また、少しぐらい言葉遣いを間違えたとしても、あまり大事にはなりません。でも、社会人となると大変です。使い方を1つ間違えただけで、大変失礼な印象を相手に与えてしまうこともあります。

敬語を使い慣れていないと、思い込みや勘違いによって、間違って使ってしまう場合もあります。例えば、下の敬語、合っていると思っていないか、もう一度確認してみてはいかがでしょうか?

  • (上司からの指示に)わかりました。
  • かしこまりました。
  • ◯◯(名前)は、本日、お休みをいただいております。
  • ◯◯(名前)は、本日、お休みを取っております。
  • とんでもございません。
  • とんでもないことでございます。
  • お車で来られますか。
  • お車でいらっしゃいますか。
  • ぜひお会いしたいのですが・・・。
  • ぜひお目にかかりたいのですが・・・。
  • 詳細は先生にうかがってください。
  • 詳細は先生にお聞きになってください。

“クッション言葉”を使うことを意識する

「クッション=挟む」の意。1つの言葉を挟むことにより、相手に与える印象を柔らかくする効果があるので、事前に使いたい言葉を考えておくとよいでしょう。
【例】「失礼ですが」「恐れ入りますが」「申し訳ございませんが」「お手数をおかけしますが」「よろしければ」…etc.

「ビジネス慣用表現」をマスターする

“ビジネス”というと一般企業のイメージがありますが、どの業界でも共通する慣用句は少なくありません。面接できちんと使いこなすことで、常識人であることをアピールすることができます。
【例】「今日→本日」「さっき→さきほど」「これから→今後」「誰→どちら様」「どれも→いずれも」…etc.

自分のしゃべり方を客観的にチェックする

面接時の会話のシミュレーションが一通りできたと思ったら、実際に録音して自分の話し方や声のトーンを確認してみましょう。手軽なものではスマホや携帯、録音機能のついたPCなど。修正すべき点がなくなるまで何度でもチャレンジしてみましょう!