歯科衛生士の志望動機例文集 | 歯科業界転職・就職ガイド 

診療内容・状況で攻略 歯科衛生士の志望動機例文集 

学歴・職歴はすんなり書けるけど、志望動機となると筆が止まるという方は多いのではないでしょうか?そんな時、クオキャリアでは、新しく働くことになる歯科医院で自分が何をできるのかを中心に志望動機を組み立ててみることをご提案しています。

やりたいことが言葉にできない方は、求人の詳細情報をもう一度読んでみましょう。新しく来られる方に歯科医院が期待していることが分かってくるのではないでしょうか?その期待に対して自分ができることを書いてみましょう。

下の例文は、診療内容や、転職に至った状況に合わせた志望動機ですが、あくまでもサンプルですので、自分の経験等を盛り込んで、自分の言葉でアレンジしてみてください。

総合歯科への志望動機

歯科衛生士として働くにあたって、まずは幅広い知識・技術を習得していくと共に、早く患者様の目線に立った施術・接遇を行えるようになりたいと考えています。 そして、過去の治療歴も含めて、その患者様の状況を理解している歯科衛生士になれたらと考えています。

予防歯科に力を入れている歯科医院への志望動機

歯科衛生士として仕事をしていく上で、歯科衛生士の仕事の本質でもある予防歯科を極めたいと思いました。貴院の患者様へのアプローチや、予防スペースの取り方などに感銘を受けております。 持ち前の明るさを活かしながら、患者さんと一緒に予防歯科に取り組むことで、早期発見・早期治療にとどまらず、健康な口腔環境づくりを目指していきたいと思います。

審美歯科を専門とする歯科医院への志望動機

施術を通してお客様の歯をきれいにするばかりでなく、お客様の気持ちまでも変えることができる審美歯科に興味を持っています。 今後は、ホワイトニングやデンタルエステの技術を習得していくと共に、お客様の潜在的なニーズを聞き出していける衛生士になりたいと思います。

矯正歯科を専門とする医院への志望動機

衛生士業務の中でも、更に深い専門性を獲得したいと思っています。何事にもコツコツと地道に取り組む性格を活かして、患者様とコミュニケーションを密にしながら、完治へ向けて積極的に関与していきたいと思います。

小児歯科に力を入れている医院への志望動機

子供たちに歯医者さんは怖いところだと思わせない貴院の内装にとても感銘を受けました。 TBIはもちろん、虫歯にならないための環境づくりの知識を学びながら、子供たちに歯科医院は定期的に通う楽しい遊び場だと思ってもらえるような医院作りに取り組みたいと考えています。

インプラントに力を入れている医院への志望動機

衛生士業務の知識を深めるにつれて、インプラントと衛生士の本分であるメンテナンスとが密接な関係にあることを思い知りました。 一人ひとりの患者さんの気持ちに寄り添い、メンテナンスのモチベーションを保つ手助けをできる歯科衛生士になりたいと思っています。

訪問歯科に力を入れている医院への志望動機

幼いころから高齢の方とお話しすることをとても楽しく感じていました。今後は介護福祉士の資格取得等にもチャレンジしながら、患者さんの「咬める喜び」「食事の楽しみ」の手助けをしていきたいと考えています。

セミナーや資格取得支援に積極的な医院への志望動機

歯科衛生士としての知識や経験は決して十分とは言えませんが、日常的な業務加えて、積極的に勉強会やセミナー等に参加して、早期に一人前の歯科衛生士として活躍できるようになりたいと考えています。

患者担当制を導入している医院への志望動機

歯科衛生士として最高のサービスを患者様に提供するためには、やはり治療の最初から最後までを見届けることができる体制が不可欠だと考えるに至りました。

専門性が異なる歯科医院へ転職する時の志望動機

歯科衛生士養成学校を卒業後、○○歯科医院に×年間勤める中で、矯正に関する専門性を更に深めていきたいと決断するに至りました。 矯正分野に関する知識は充分とは言えませんが、○○歯科医院で働くことで培ってきた、患者様に寄り添いながら働く姿勢を役立てながら、早期にスキルを習得していきたいと考えています。

子育て中の方の志望動機

まだ小さな子供もおりますが、幸いにして居住地から貴院が近接していることや、両親の支えもあるため、比較的柔軟に勤務時間のご要望に応えることができると考えております。

非常勤(パート)から常勤へ転職する方の志望動機

出産・育児を機にパートタイム勤務が可能な現在の医院へ転職をして、現在まで働いています。 勤務先の職場環境には満足していますが、育児もひと段落したため、歯科衛生士としての更なる成長を考え、研修体制の充実した医院で働きたいと考えるに至りました。

常勤からパート・アルバイトへ転職する方の志望動機

衛生士として技術面でのスキルアップに加えて、歯科医師や歯科助手・受付が働きやすい職場となるように心掛けてきました。 都合により長時間勤務は難しい状況となりましたが、限られた時間でも、チームとしての連携を大切にして、役立てるよう努めていきたいと考えています。

職場の人間関係に悩んで転職をされる方の志望動機

歯科衛生士として働く中で、歯科医師・歯科助手・受付といった方との連携が非常に重要だということに気付かされた。 そのこともあり、貴院のチームワークを大切にする経営理念に共感しました。これまでの経験を活かしながら、医院全体が良くなることを考えて働きたいと考えております。

歯科衛生士キャリアにブランクのある方の志望動機

平成○年に出産を機にそれまで×年勤めていた○○歯科医院を退職いたしました。現在は、育児もひと段落したため、改めて歯科衛生士としての第一線で働きたいと考えております。